HOME > 薬剤部の組織と業務

薬剤部の組織と業務


icon 薬剤部の組織 icon 薬剤部の理念 icon 薬剤部の基本方針
icon 調剤部門 icon 麻薬管理部門 icon 病棟薬剤業務部門
icon 外来化学療法部門 icon 製剤部門 icon 薬物動態遺伝子解析部門
icon 医薬品情報管理部門 icon 薬務部門 icon 医療安全管理部門
icon 教育部門

基本理念

有効で安全な薬物療法の推進


基本方針

 1. 薬の専門家として有効で安全な薬物療法を提供する

 2. 医薬品の適正な流通を確保するとともに, 医薬品の適正な使用を推進する

 3. 次代の医療をリードする薬剤師を育成する

 4. 薬学的知見に基づく個別化医療を開発・実践する


薬剤部の組織



調剤部門

内服、外用薬の調剤
 調剤室では処方せんによる調剤を主な業務とし、オーダーリングシステムに連動した薬袋印字システム、散薬監査自動分包システム、錠剤自動分包システムなどを導入し、調剤過誤防止のための工夫をしています。処方せんとRFIDを組み合わせた薬剤部調剤ステータスの自動可視化システムの導入も行っています。
平成29年5月更新


注射剤の調剤
 入院と外来注射薬の患者個人別払い出しを主な業務とし、注射薬が安全に使用されるよう投与速度、投与経路、投与時間、相互作用、配合変化などの多くのチェック項目を確認しています。
また、全病棟を対象に入院患者の高カロリー輸液と抗がん薬の調製を毎日行っています。
                     (平成29年5月更新

▲ページトップに戻る


麻薬管理部門

麻薬及び向精神薬の管理と支給
 「麻薬及び向精神薬取締法」により麻薬と向精神薬の管理と使用は特に厳密に行われている。緩和ケアチームへ参加し、疼痛コントロールと副作用対策などに関与している。
平成25年4月更新

▲ページトップに戻る


病棟薬剤業務部門

病棟における薬剤業務(服薬指導を含む)
 全科・全病棟に薬剤師を常駐させ、持参薬チェックから、処方支援、医薬品管理、注射剤の混合、服薬指導と副作用などの問題点の掌握と伝達などの業務により、入院患者に対する業務を重点的に展開している。2007年4月よりICUに薬剤師を1名常駐させ、薬物療法への参画と、注射剤の混合などの業務を行っている。 さらに、2012年から病棟薬剤業務実施加算に対応し、幅広い業務を通じて医療全般に貢献している。 実績:平成24年度に服薬指導に取り組んだ患者数は、月平均821人であった。
平成25年4月更新

▲ページトップに戻る


他職種連携

手術室における医薬品管理
 手術室の中央診療棟への移転に伴い、常勤薬剤師1名を新たに配置した。手術室で使用する全ての医薬品を薬剤師が管理している。
平成25年4月更新

▲ページトップに戻る


外来化学療法センター

外来化学療法センターにおける取り組み
2003年1月に開設された「外来点滴センター」に常勤薬剤師(4名)を配置した。センター内の安全キャビネットで全ての抗悪性腫瘍薬の無菌調製をしている。平成24年度月平均調剤件数は809件であった。
平成25年4月更新

がん化学療法のプロトコール審査委員会への参加と事務局の担当
 外来化学療法センター 適正な化学療法を推進するために、医師、薬剤師がプロトコール審査委員会で併用療法のプロトコールを審査し、承認された用法・用量で化学療法を実施している。
平成25年4月更新

▲ページトップに戻る


製剤部門

院内製剤
 製剤 約束処方による製剤、無菌的な調製が必要な薬品や、診療科の要望による市販されていない特殊な製剤を製造し供給している。特殊製剤の製造には、薬事委員会の承認が必要である。


放射性医薬品の管理
 新中央診療棟開設に伴い、サイクロトロンで製造されるPET用の18FDG(18Fluorodeoxyglucose)の管理を2007年度から薬剤師が行っている。

▲ページトップに戻る


薬物動態遺伝子解析部門

医薬品の体内動態の追跡、遺伝子多型解析
 医薬品を個々の患者に適正使用するために、免疫抑制剤(シクロスポリン、タクロリムス)、バンコマイシンなど薬物体内動態を解析、フィードバックしている。HPLCによる血中濃度測定、薬物代謝酵素の遺伝子多型判定も行っている。
平成25年4月更新

研究の推進
 臨床薬理学分野との密接な連携による遺伝子多型解析と薬効・動態の研究や、実地臨床に派生する問題点の解決に向けた業務研究を行い、成果を上げている(活動実績報告のページへ)。
平成25年4月更新

▲ページトップに戻る


医薬品情報管理部門

医薬品情報の収集、解析、伝達
 麻薬管理 医薬品の作用・副作用、相互作用および新薬情報などを収集・解析し、必要情報を速やかに診療科に伝達している。また、医薬情報に関する問い合わせに応対している。
平成25年4月更新

臨床試験の推進
 臨床試験部へ積極的に協力して、治験薬の管理、調剤、新GCPに準拠した世界に通用する臨床試験の実施(妥当性の評価、事務処理、データ及び治験薬の管理、同意書の確認、調剤)を行っている。
平成25年4月更新

▲ページトップに戻る


薬務部門

医薬品管理
 医薬品の発注から納入、病院内の在庫管理や使用量の把握など病院に医薬品が入ってから出ていくまで総合的に管理することで、過不足のない医薬品在庫の確保と適正使用を行っている。また、医薬品の納入数と使用後の保険請求数まで確認することで、適正に請求されていることの確認や、システムや医薬品の請求方法に問題が無いか確認も行っている。
平成29年5月更新

▲ページトップに戻る


医療安全管理部門


 安全で質の高い医療を提供するため、専従の薬剤師ゼネラルリスクマネージャー(GRM)を配置している。各部門から提出されるインシデント事例を医師や看護師GRMと分析し、危険な事例へと発展しないための工夫を提言したり、事例の問題点に対して立案された再発予防策が実施されているか、各部門の現場へ訪問し確認している。また、院内の医療安全に関するマニュアルの定期的な見直しや、毎月発行している職員向け医療安全情報の作成も行っている。
平成29年7月更新

▲ページトップに戻る


教育部門

教育
 本薬剤部では、各セクションで実務経験によるバランスの取れた人員配置を行い、ベテランによる新人および研修生の実務教育が行われている。また月1〜2回程度の薬剤部カンファレンスでは、病棟配置の薬剤師による症例報告や主任、副主任クラス等のベテランによる小セミナーを開催し、最新の医療・医薬品情報の共有が図られている。さらに大学院医学系研究科臨床薬理学分野との連携により、日頃学んでいる内容を深く掘り下げて研究し、その成果に関して、実務系の研究会・学会等で情報発信を行うよう努めている。 一方、本学医学部生に対する教育の一環として、臨床薬理学教員との連携で薬剤部での実習・演習を行っており、適切な処方箋の発行、医薬品情報検索、医薬品配合変化、薬物相互作用など、医薬品適正使用に向けたきめ細かい教育に参画している。その他、保健学科学部生に対する見学実習を担当し、本院で推進されているチーム医療に向けた体験型学習を実施している。 さらに学外の薬学部学生ならびに医療薬学系大学院学生(薬剤師資格取得者)を受け入れ、本薬剤部の指導薬剤師が中心となって早期体験学習や長期実務実習を行っている。
平成29年5月更新

▲ページトップに戻る