HOME > 薬剤部長 ご挨拶

薬剤部長 ご挨拶

 現代の医療は急速に高度化・細分化が進展し、個々の医療人の能力だけでは対応が困難になりつつあります。また、医療の質に対する社会的ニーズも大きく変化し、単に疾病を治癒させるだけでなく、倫理的、心理的および社会的側面からの診断・治療のアプローチが求められています。群馬大学病院では、患者の人格を尊重した良質な医療を提供するために、複数の医療専門職の能力を結集したチーム医療を実践しています。
 本院の薬剤師は、取り扱う医薬品の品質を保証し、必要な時、必要な場所に適正にこれらを供給することに加えて、医薬品が適正に使用されるような管理や情報提供を行う責任を負っており、医薬品が関わるあらゆる場所において様々な活動を行っています。すなわち、医薬品やその情報を集中して管理する薬剤部内での活動が重要であることは言うまでもありませんが、本院では、薬剤部員が実際に薬が使用される場所に出向き、そこで他職種のスタッフや患者さんと一体となり、薬の専門家として医薬品の適正な使用を提案し、実施しています。
 さらに医療には「完成」と言うゴールはなく、個々の医療人が継続的な自己研鑽により改善、進歩して行く必要があります。本院は単に医療施設としてだけでなく、教育施設としての役割も重要な責務として担っており、医療の改善・進歩を目指し、充実した設備を利用した様々な研修・教育も行っています。
 以上のように、群馬大学病院薬剤部においては、有効で安全な薬物療法の推進を実践し、「患者さん中心の医療の推進」に貢献していくことを常に念頭に置き、職務を遂行しております。


群馬大学大学院医学系研究科 臨床薬理学分野
群馬大学医学部附属病院 薬剤部
教授・薬剤部長 山本 康次郎

▲ページトップに戻る