HOME > 活動実績報告

活動実績報告 -研究発表等-


   活動実績トップ

2014年

原著論文
1. Junji Ogawa, Azusa Yokota, Takuya Araki, Tohru Aomori, Tomonori Nakamura, Koujirou Yamamoto, Ichiro Koshiishi: Quantitative evaluation of biliary elimination of gadoxetate, a magnetic resonance imaging contrast agent, via geometrical isomer-specific transporting system in rats. Biopharm. Drug Dispos. 35, 362-371 (2014).
2. Masayuki Sekizuka, JingWei Qi, Tohru Aomori, Yuko Okada, Katsunori Nakamura, Takuya Araki, Ryuya Horiuchi, Shin Ohta, Tomonori Nakamura, Koujirou Yamamoto: Effect of a Dietary Supplement Containing Raspberry Ketone on Cytochrome P450 3A Activity. Pharm. Anal. Acta. 5, 1000302 (2014).
3. Hideaki Yashima, Kimihiro Shimizu, Takuya Araki, Tohru Aomori, Yoichi Ohtaki, Toshiteru Nagashima, Yasuaki Enokida, Jun Atsumi, Tomonori Nakamura, Izumi Takeyoshi, Koujirou Yamamoto: Assessment of DDR2, BRAF, EGFR, and KRAS mutations as therapeutic markers in Japanese non-adenocarcinoma lung cancer patients. Mol. Clin. Oncol. 2, 714-718 (2014).
4. Daisuke Nagano, Takuya Araki, Tomonori Nakamura, Koujirou Yamamoto: Determination of Intracellular Darunavir by Liquid Chromatography Coupled with Fluorescence Detection. J. Chromatogr. Sci. 52, 1021-1025 (2014).

症例報告
1. Tohru Aomori, Yukiyoshi Fujita, Kyoko Obayashi, Hiroaki Sato, Kazuma Kiyotani, Katsunori Nakamura, Tomonori Nakamura, Koujirou Yamamoto: Case report: dose adjustment of warfarin using genetic information and plasma concentration monitoring. J. Clin. Pharm. Ther. 39, 319-321 (2014).
2. Seiji Arai, Hiroshi Matsui, Ryo Ohki, Yoshiyuki Miyazawa, Hidekazu Koike, Tadahiro Hashita, Yoshihiko Katuyama, Yoshitaka Sekine, Masashi Nomura, Yasuhiro Shibata, Motoaki Hatori, Kazuto Ito, Koujirou Yamamoto, Shigeru Ohmori, Kazuhiro Suzuki: Suicide attempt with an overdose Sunitinib. Br. J. Clin. Pharmacol. 78, 933-935 (2014).

著書
1. 山本康次郎: 静注麻酔薬の生理学的薬物動態解析. 月間薬事. 56. 1129-1140 (2014).
2. 荒木拓也, 山本康次郎(分担執筆): STEP 3 研究結果をまとめて論文投稿する5. カバーレターの書き方とエディター・レフリーのコメントに対応するポイント. 臨床現場で実践する薬学研究のススメ 研究デザインから論文作成・学会発表まで 南山堂 (2014).

国際学会発表 (一般発表)
1. Daisuke Nagano, Takuya Araki, Kunio Yanagisawa, Toshimasa Hayashi, Yoshiyuki Ogawa, Yoshihisa Nojima, Tomonori Nakamura, Koujirou Yamamoto: Effect of MDR1 genotype on the intracellular concentration and the clinical efficacy of darunavir in HIV patients. American Society Clinical Pharmacology Therapeutics 2014 Annual Meeting. March 18-22, 2014. Atlanta, GA, USA. (Poster)
2. Hironori Nakamura, Takuya Araki, Daisuke Nagano, Koujirou Yamamoto: Quantification of an antibody drug, infliximab, in human blood using biomarker analysis technique. International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology European Conference. August 28-30, 2014, Prague, Czech Republic. (Poster)
3. Hironori Nakamura, Takuya Araki, Daisuke Nagano, Koujirou Yamamoto: Establishment of method for quantitation of antibody drugs using LC-MS/MS with biomarker analytical technique. 6th International Conference on Advanced Micro‐Device Engineering, December 5, Kiryu, Japan. (Poster)

国内学会発表 (シンポジウム・特別講演等)
1. Hironori Nakamura, Takuya Araki, Koujirou Yamamoto: 受賞講演. Development approach using LC-MS/MS and biomarker analytical technique for the quantification of infliximab in human blood. 医療薬学フォーラム2014/第22回クリニカルファーマシーシンポジウム. 東京. 2014年6月28, 29日 (第7回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム 優秀発表賞)

国内学会(一般発表)
1. 阿部正樹, 鳥飼幸太, 竹中美貴, 南亜由美, 小野理恵, 中村浩規, 飯塚惠子, 荒木拓也, 山本康次郎: RF-ID を利用した調剤進捗管理システムの導入と評価. 平成25年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議. 徳島. 2014年2月12-14日 (口頭発表)
2. 荒木聖美, 永野大輔, 長嶺歩, 飯塚恵子, 荒木拓也, 酒井真, 宮崎達也: がん化学療法に伴う副作用対策としての免疫栄養療法の臨床的有用性. 第32回 群馬県病院薬剤師会実務研究会. 前橋. 2014年3月9日 (口頭発表)
3. Akiko Kaneta, Takuya Araki, Daisuke Nagano, Mari Taira, Ryuichi Funada, Noriaki Takama, Norimichi Koitabashi, Masashi Arai, Yoshiaki Kaneko, Masahiko Kurabayashi, Koujirou Yamamoto: Effects of the MDR1 gene variant C3435T on the plasma concentration of Dabigatran in Japanese patients. 第78回 日本循環器学会学術集会. 東京. 2014年3月21-23日 (口頭発表)
4. 大島宗平, 荒木拓也, 関本研一, 坡下真大, 齊藤繁, 輿石一郎, 山本康次郎: 遺伝子多型解析に基づくオピオイド鎮痛薬の換算比の検討. 日本薬学会 第134年会. 熊本. 2014年3月27-30日 (ポスター発表)
5. 秋好健志, 今岡鮎子, 日比野英幸, 荒木拓也, 宮崎光江, Guengerich F. P., 中村克徳, 中村智徳, 山本康次郎, 大谷壽一: 各種CYP3A4変異型分子に対するグレープフルーツ果汁抽出物およびその成分のMBI特性. 日本薬学会 第134年会. 熊本. 2014年3月27-30日 (ポスター発表)
6. 小縣淳子, 秋好健志, 今岡鮎子, 日比野英幸, 荒木拓也, 宮崎光江, Guengerich F.P., 中村克徳, 中村智徳, 山本康次郎, 大谷壽一: CYP3A4変異型分子種におけるtestosterone及びmidazolamの代謝に対する競合阻害剤の阻害強度の比較. 日本薬学会 第134年会. 熊本. 2014年3月27-30日 (ポスター発表)
7. 大島宗平, 大林恭子, 永野大輔, 坡下真大, 飯塚恵子, 関本研, 柳川天志, 齊藤繁, 高岸憲二, 荒木拓也, 山本康次郎: 仙骨骨肉腫による体性痛および神経障害性疼痛にオキシコドンが有効であった1例. 第29回 群馬緩和医療研究会. 前橋. 2014年4月19日 (ポスター発表)
8. 木下綾子, 八島秀明, 坡下真大, 小渕俊子, 荻原貴之, 荒木拓也, 徳江豊, 山本康次郎: ビーフリード持続投与によるBacillus cereus血流感染症リスクの評価. 医療薬学フォーラム2014/第22回クリニカルファーマシーシンポジウム. 東京. 2014年6月28, 29日 (ポスター発表)
9. Hideaki Yashima, Daisuke Nagano, Takuya Araki, Koujirou Yamamoto: Development of a rapid evaluation method for therapeutic efficacy of antibiotics using quantification of bacterial ribosomal RNA precursors. 第8回 次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム. 熊本. 2014年11月15, 16日

研究費獲得
 I. 新規:科学研究費補助金
 1. 大島宗平(代表):奨励研究
 2. 小野理恵(代表):奨励研究
 3. 金田亜季子(代表):奨励研究
 4. 関崎直人(代表):奨励研究
 5. 高橋雄太(代表):奨励研究
 6. 竹中美貴(代表):奨励研究
 7. 中村浩規(代表):奨励研究

▲ページトップに戻る


l>