有効で安全な薬物療法の提供と開発

群馬大学医学部附属病院薬剤部では“薬の専門家”として“有効で安全な薬物療法”を提供すべく、病棟薬剤管理業務を中心とした臨床業務を推進するとともに、次世代を担う薬剤師の育成に向けた薬剤師教育や、大学院医学系研究科の臨床薬理学講座と連携した基礎臨床融合型の研究を進めています。

臨床 clinical

病棟薬剤業務やフィジカルアセスメントを逸早く取り入れ、安全な薬物療法の提供を推進するとともに、医薬品費の削減などによる病院経営への貢献、血中薬物濃度モニタリングや遺伝子解析などを用いた薬物投与設計にも積極的に取り組んでいます。

研究 research

臨床業務解析やカルテ調査などの研究から、患者検体を用いた薬物動態、タンパク・遺伝子解析などの臨床研究、細胞や実験動物を用いた基礎研究まで幅広い研究を行っています。医学系研究科臨床薬理学講座と連携して、基礎的な幅広い研究手法を臨床研究に応用できることが特徴です。

教育 education

2013年より薬剤師レジデント制度を導入し、2年間の教育プログラムを実施しています。他にも専門薬剤師の資格取得に向けた支援や、海外学会への派遣などを通じて、国際的な視野を持った次世代を担う薬剤師の育成を目指しています。


お知らせ

2019.04.01 令和2年(2020年)度 薬剤師職員 募集中です。
2019.04.01 小川淳司薬剤主任は北関東循環器病院へ異動しました。
2019.04.01 高橋雄太助教は高崎健康福祉大学へ異動しました。


最新情報&更新情報

2019.06.06 NEW! 採用情報を更新しました
2019.05.15 NEW! 採用情報を更新しました
2019.05.15 NEW! 採用薬一覧 を掲載しました
2019.05.10 NEW! 薬学実務実習のページを更新しました
2019.04.02 活動実績 を更新しました
2019.04.02 薬剤部スタッフ を更新しました
2019.04.01 web site を更新しました
2019.02.25 採用情報を更新しました
2019.02.06 採用情報を更新しました

お問い合わせについて


下記連絡先までご連絡ください。

電話番号027-220-8727 FAX027-220-8722

▲ページトップに戻る